素直に喜んであげられない母親はマザコンだと

大学院に通う長男の就職先が決まりそうです。その会社は今住んでいるところからかなり遠方にあるので、就職してしまうと会うのが一年に一回とかいってものになりそうです。

そのため、就職ができて嬉しいという反面、遠くに行ってしまうのが寂しいという思いがあります。旦那は、彼の希望する仕事で会社もとてもしっかりしている、これは願ったり叶ったりだなと手放しで喜んでいます。stockfoto_81084104_XS

さらに旦那は、やりがいのある仕事につかないと一生続けていくことは難しい、家の近くにいて契約社員とかフリーターでは困るしな、と言っています。で

も母親の立場から言うと、やはり近くにいて欲しいという思いがあります。役員が出席する面接のときにも親元を離れるけども良いのかという質問を真っ先にされたそうです。

旦那はその質問を想定していて、やりたい仕事ができるのなら本望です、というようなことを躊躇せずに言うようにアドバイスしていました。

実際に長男が何と言ったのかは定かではありませんが、親に後押しされているというようなことを言っているのは間違いありません。
でもそれって父親だけの話で母親はしていないのですけど。

でも、仕方がありませんね、本人が希望しているものですもの。でも、心から喜んであげられるようになるまでにはまだ時間がかかりそうです。これっておかしいですかね、旦那はマザコンだと言っているのですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です